求められる英語力について|貿易事務の求人をチェック!【英語力を活かしてスキルアップ】

貿易事務の求人で必要なスキルや英語力を確認していこう

貿易事務は様々なスキルが求められる!

貿易事務では主に海外企業と貿易に関するやり取りをしていくので、業務を円滑に進めるため様々なスキルを求められることがあります。そのスキルについて確認していくと良いですよ。どれも特殊なスキルではないので、貿易事務で働きたい場合はぜひ身に付けておきましょう。

貿易事務で必要となる3つのスキル

英語スキル

貿易事務で取り扱う輸出入の書類は基本的に英文で作成されていることが多く、作成する場合も英語で対応しないといけません。そのため、英語の読み書きスキルが求められるでしょう。英語力に関しては、最低限の読み書きスキルがあれば問題ないとされていますよ。

事務処理能力

主に書類作成や管理、データ入力、納期調整など事務に関わる業務を担当していくので、ある程度の事務処理能力を求められるでしょう。正確に入力する、ミスを発生させない、スケジュール管理をしっかり行なうなど事務作業に関するスキルが高いほど重宝されます。

コミュニケーション能力

社内の従業員や取引先の担当者、各関係各所と毎日やり取りをする必要があるので、コミュニケーション能力が必要とされます。また、円滑に業務を進めるためにも現在の状況をすぐに伝えられるような説明能力も必須です。明るく話せることが出来るとより良いでしょう。

求められる英語力について

男女

必要とされる英語の資格

貿易事務の求人によって求められる英語スキルは異なります。しかし、求人の際には「TOEICのスコアが600~700点以上」と求められる場合が多いです。そのため、TOEICのスコアが600~700点やそれくらいの英語力があれば問題ないでしょう。また、英語に関する資格を持っていたらアピールポイントになりますが、必ずしも英語の資格がないと貿易事務で働けないというわけではありません。

英語以外で求められる言葉

働く企業や業務内容によって使用する言語に違いがありますが、基本的に貿易では英語が公用語となっています。最近ではアジア地区との貿易に関する事務も増えてきたので、中国語のスキルを必要とする企業も増えてきているでしょう。

英語が苦手でも働ける!

中には英語がそれほどまでに得意ではないという方もいるでしょう。実は貿易事務では英語をあまり使用しない仕事もあります。英語が苦手でも英語が好きな方は、まずこのような貿易事務から初めてみてスキルや経験などを身に付けると良いですよ。

広告募集中